最も大きな費用が必要となる墓石代

生前墓として事前に霊園を買っておく人が多いですが、基本的には公営の霊園では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院の霊園を利用する必要があるのです。 墓石というのは国産材やヨーロッパ材、インド材などは単価が比較的高く設定されており、それと比較をして中国材というのは安い価格で販売されています。
しかし国産材の中でも、石の種類と品質はピンからキリまでとなっていますので全ての単価が高いというワケではありません。
墓石価格の中におきまして最も大きな費用となるのが墓石代なのですが、使用をすることとなる石種や使用する量によって、その値段が大きく異なってきます。
このことから、単価の高い石を使用するほど、さらに使用量が多ければ多いほど、墓石代は高くなってきます。

 

石の使用量としましては自分が権利を買った敷地の大きさとデザインによって決められることとなります。
一般的に敷地が大きければ大きいほど使用量が増えることとなるため、必然的に値段も高くなります。



最も大きな費用が必要となる墓石代ブログ:17年07月24日

読者様、どーもっ!

昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

実はですねー、今日からダイエットとなるものをはじめたいと
思っています。

なぜいきなり?ってカンジだけど、一週間位前…言われた一言。

これが思いっきり刺さりまして。


母にね・・・

後ろからいきなり
「なんか、背中、めっちゃ太ったじゃん!」って。

背中・・・大きくなっている→太ったってことでしょ?

9キロとか関係なく、背中が明らかに大きくなったって。

親の背中みて育て状態くらい、大きいらしい(笑)


とはいえ、背中は見れないわけで、肩も気になって
いるわけで・・・肩コリ体操を始める!っていったら

なんとっ!!

エアリーシェイプネオとサノレックスをプレゼント
していただきました。

そんなに大きいんだーとか思ったけど、おかげで品川に
友達と買い物に行っても、目に入るものは「ダイエットグッズ」。

おにぎり食べたいところをこんにゃくゼリーで
我慢しようかなーと一種のダイエット病になってしまいまして。

考えてみるより、やってみろ!で始めることになりました。


昔、夏に行ったカンボジア旅行。

あのころの体型に戻るべきダイエットをこれからしていきたいと
思っております。

休みもあさから、ちょっとウォーキングへ。

あさなんて、休みに起きていたことが、最近ないから
どうなるやらってカンジだけど。

とりあえず、妄想しつつ、それを実現していかないとね(笑)

今は、全然妄想の世界ですが・・・

おしまい!!!